マスク商品規格の為の試験結果

2020年4月に新型コロナウイルスの飛沫感染対策用マスクを作るために、生地選定の試験を行いました。

細菌ろ過効率(BFE)・ウイルスろ過効率(VFE)試験は、現状かなり時間がかかるため行っておりません。また、マスクをしても肌との隙間が空いてしまうため、上記試験を行ったとしても使用環境が悪いためフィルター効果は損なわれていると考えます。

弊社は、通気度試験と選定生地の表面状態(隙間)の確認を行い、フィルターのパフォーマンスをある程度考察できるようにしております。


JIS規格のフラジール形通気性試験を行った結果を下記リンクより確認できます。


SEM(走査電子顕微鏡)の画像確認及び考察


自社サイトにてマスク販売を行っております。商品は、随時開発及び更新してまいりますので、よろしくお願い致します。

OKUNIYA:https://okuniya.shop-pro.jp/

コメントを残す