プリント加工について

プリント加工

あらゆる素材に対応し生産を行う縫製工場を目指しております。
現在、対応可能なプリント加工は、下記の加工方法です。

各、プリント方法に依って得手不得手があります。お気軽にご相談下さい。

プリント加工の流れ

プリント加工品を納品するまでの流れ。

1.お問い合わせ・デザイン入稿

デザイン(イラストレーターや画像データ)・サイズ(仕様)をご準備の上、お問い合わせください。
※イラストレーターのデータは、アウトライン化して頂くようにお願い致します。
また、画像データからのご依頼に関しては、別途データ作成費用が発生する場合があります。

2.デザイン確認・お見積り

プリント位置やサイズ等を調整させて頂いたデザインを確認・承認して頂きます。
見積の内容で問題なければ、ご依頼頂いてからの生産スタートとなります。

3.ご依頼(ご注文)

メールもしくは、書面等でご依頼をお願い致します。
※入金確認後の着手となりますので、入金の連絡をお願い致します。

4.納品

ダンボールでの梱包出荷・ハンガーに吊るしての納品など、お客様のニーズにお応えできる体制を整えております。
お問い合わせの際に、ご希望の納品形態をご連絡お願い致します。
※ご依頼時期に依っては、稼働状況に依り、納期的にお応えできない場合が発生いたします。

お気軽にお問い合わせください

明記していない内容でも、加工可能であったり、細かな条件でも対応可能な場合があります。
分からないことなどがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プリント加工の種類

昇華転写プリント

ポリエステル100%の素材に対してプリントする加工です。
基本、白地に対してのプリントになります。
グラデーションなどの細かいデザインでも対応可能です。

 

ラバーシートプリント

特殊なシートをデザインにカットしてプリントする加工です。
ベースの色や素材は幅広く対応できますが、細かいデザインには不向きです。

 

シルクプリント(外部委託)

王道のシルクプリントです。プリントするために版が必要となるため、初回は版代が別途かかります。
経年劣化によって、剥がれや干割れが起こりますのでご注意下さい。
ベースの色や素材は幅広く対応できますが、細かいデザインには不向きです。

インクジェットプリント(外部委託)

インクジェットプリントは、素材や色の制約が少ない加工方法になりますが、
経年劣化によって、剥がれや干割れが起こりますのでご注意下さい。
ベースの色や素材は幅広く対応できますが、細かいデザインには不向きです。

コメントを残す