一般事業主行動計画

一般事業主行動計画の公表について

神力縫製は、次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を公表いたします。

次世代育成支援対策法とは
次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、平成17年4月1日から10年間かけて集中的かつ計画的に取り組んでいくためにつくられたものです。
一般事業主行動計画とは
企業が、子育てをしている労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者も含めた多様な労働条件の整備などを行うために策定する計画です。

神力縫製の一般事業主行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間 平成28年7月1日から平成33年6月30日までの5年間
  1. 1妊娠中の女性社員の母性健康管理についてのパンフレットを作成して社員に配布し、制度の周知を図る。

    対策
    ・平成28年7月~ 社員へのアンケート調査、検討開始
    ・平成28年~ 制度に関するパンフレットの作成・配布、管理職を対象とした研修および社内広報誌などによる社員への周知
  2. 2平成30年7月までに、小学校就学前の子を持つ社員が、希望する場合に利用できる短時間勤務制度を導入する。

    対策
    ・平成30年7月~ 社員へのアンケート調査、検討開始
    ・平成30年10月~ 制度の導入、社内広報誌などによる社員への周知
  3. 3平成33年6月までに、子の介護休暇制度を拡充する(子の対象年齢の拡大、半日または時間単位での取得を認めるなどの弾力的な運用)。

    対策
    ・平成33年2月~ 社員へのアンケート調査、検討開始
    ・平成33年5月~ 制度の導入、社内広報誌などによる社員への周知